働き方改革と実現

まずは実生活を見直し、自身の働き方について考えてみましょう。2019年4月に施行される外国人の労働者受け入れ拡大による、出入国管理法改正は、日本で暮らす人々の生活に密接に関わってくる制度となります。すでに都内のコンビニエンスストアなどには、外国人労働者が、片言の日本語で接客から商品陳列、棚卸作業などの主な業務をこなす姿が多くみられ、その動きは、日本各地の地方都市まで広がりをみせています。街中のあらゆる店舗の求人は、常に募集され続け、働き手が枯渇している事実は目に見えてそこにあります。明るい職場環境が、明るい未来、明るい社会を担っていると言っても、過言ではありません。家庭生活、食生活も、働く基盤があって、はじめて安定を与えられるものです。働くことについて、実生活と照らし合わせながら、今一度、身の回りを振り返ることは、誰にとっても必要不可欠な視点であります。皆さんは、「働き方改革」をどう現実化させたいですか?