働き方に付きまとう不安

昨今では、海外からの外国人労働者の受け入れの拡大、機械化されたロボット社会への変貌、AIが代表するIT化による生産の向上、シニア世代の職場復帰などが、労働者不足の解消を担っているとクローズアップされてはいますが、私たちに必要な人手や労働者とは、奴隷を意味するものではないはずです。日本国内における少子化による、労働者不足問題は、データの上では、日本は近い未来、沈没すると予言する人も出てきています。労働者や働き手が増えれば、単に解決するような問題ではない事が、薄々、誰しもが気づきはじめているはずです。けれど、何をすれば良いのか、分からないといった現状が目の前にあります。そういった不安はもうすでに、目の前の近い将来としてやってくるはずです。