面接で伝わる人間性

ある一定の年齢に到達すると、周囲から先輩や上司扱いをうけて、人間的に横柄になる人々もいます。時として書類選考などで、りっぱな経歴がかえって仇となる可能性もありますが、謙虚な人間性を伝えるためには、現在○○の修得に猛勉強中です。

などといった、自分は未だに発展途上の帰路にいるのだという見せ方も必要です。資格の取得中ですとか、○○のスクールに通学中、今年に入って、△△にトライしましたなどと、書類に書かれていると、人間性の幅の広さに加え、自分自身と向き合う姿勢を、持ち続けている人なのだという印象が根付くとも言われています。

自分は、ある程度の経験を乗り越えてきたのだから、完成された完璧人間なのだというアピールではなく、まだまだ挑戦を試みたいという意欲を垣間見るような書類を作成する努力が必要です。

何事にも興味をもって、挑戦する姿に、転職後も職場で新たなる挑戦を成し遂げ、社内の成績につながるような功績を積み上げてくれるような期待のもてる人物像が書類選考で伝わることでしょう。