IT産業とエンジニアたちの変貌

現在では世界とともに時代を動かす中心ともなりつつあるあるIT産業は、かつての時代においては「コンピューター業」「ソフトウェア業」などとも呼ばれておりました。呼び名の変貌とともに、その時代における役割や人々の生活様式に対する影響力も大きく変化しているようです。

これまでの時代においては、コンピューターが行ってきた役割は、「計算」「記録」などが主な役割であると認識されてきたようですが、近年では「情報」を取り扱うことがコンピューターに課された大きな役割であるといった認識がもたれているようです。

各時代において活躍するエンジニアたちの姿は、時にはコンピューターを販売する役割を担ったり、ソフトウェアを開発する側になってみたり、システムエンジニアの仕事は、時代背景に沿った形で流動的に変化を遂げているようです。

IT業界を理解するためには、まずその進化のスピードを読み解く力が必要とされてくるでしょう。IT産業の中心的な存在はコンピューターとなりますが、コンピューター自身も様々なデジタルデバイスとしてその姿を変化させながら皆さんの生活様式の変化へ大きな影響力をもちはじめているようです。