一般的なマネージドサービスに依頼できるもの

マネージドサービスとは、クラウドサーバー等のサービスを運用している会社が実施している保守サービスのことを指します。一般的なマネージドサービスで請け負っている業務は、システム管理構築・セキュリティーの設定・必要なソフトウェアの導入の3点です。マネージドサービスがおこなうシステム管理と構築というのは、円滑にサーバーを使用する「うえで欠かすことができないものです。一般的なサービスだと約10GBごとのデータ区分がなされており、定期的にデフラグという処理を実行して余剰分を確保しています。セキュリティーの設定は、外部からクラウドシステムに不正なアクセスをなされないようにするもので、多くのマネージドサービスで標準項目で提供しているのが特徴です。ファイアウォールとデータの暗号化の二重対策をしており、取り扱いデータを安全に保管することができます。必要なソフトウェアの導入に至っては、マネージドサービスではオプションにしており、どういったソフトウェアを導入するかは各依頼人ごとにことなります。自社のオンプレミス環境で構築し難いものをクラウド上で実施するか、回線と運用管理を同時に自社で遠隔的に作動させるのかで異なるので、オプションを選択する時はよく吟味することが大事と言えるでしょう。マネージドサービスで依頼できるのはデータ構築と業務運用のサポートとなり、それ以外ではサーバーを借り受けられるものととらえられます。

マネージドサービスってどんなもの?へ戻る