マネージドサービスのメリットとデメリット

サーバ管理を代行することができるマネージドサービスと呼ばれるアウトソーシングサービスを活用する企業が増えていますが、これを利用するのであればあらかじめメリットとデメリットについて知っておきましょう。まず、コストを平準化することができるというメリットがあります。一定の料金で依頼することができるので、障害や故障が発生した際に思わぬ出費が増えるという問題が避けられるでしょう。エンジニアが本来の業務に集中できることも大きなメリットです。サーバ管理に人手を割くことになってしまうと、本来の業務にかけることができる人手や時間が少なくなります。サービスによっては休日や夜間の緊急出勤も激減させることができ、少数精鋭で業務をこなすことができるようになるはずです。専門技術をカバーしてもらうことができるので、情報部門の人材育成が難しい場合でも確実なサポートを期待できるという魅力もあります。サーバ管理には専門的な知識と技術、経験が求められますが、自社で人材を育成する時間がなくても早急に確実な対応をしてもらうことが可能です。ただし、技術が社内に蓄積されないことはデメリットだと言えます。自社で管理を実施するわけではないのでノウハウを培うことができず、自社での管理に切り替えたいと考えてもスムーズに移行できない可能性が高いと知っておきましょう。予想していたサービスと違ったというミスを避けるためにも、メリットとデメリットの両方を理解した上でマネージドサービスを利用するようにしてください。

マネージドサービスってどんなもの?へ戻る