サーバー障害とは

サーバー障害は名前の通り、サーバーに何らかのトラブルが生じ、期待通りの運用が続けられなくなることを意味します。
具体的にはサービスの提供が難しくなり、例えば販売機会の損失や業務効率の低下、あるいはブランド力の低下といった影響が生じることを指します。
場合によっては損失の賠償責任が発生しますから、サーバー障害はなんとしても避ける必要があるでしょう。
その発生原因には、ハードウェアの故障やソフトウェアの設定ミス、システムに潜むバグや外部からの侵入、攻撃といったものが挙げられます。
サーバーはハードウェアなくして動きませんから、特にオンプレミスで運用する場合は故障のリスクに注意が必要です。
完全に壊れてしまうほどの故障は稀ですが、部分的に故障したり、故障し掛かるケースは珍しくないです。
大手企業が運用するサーバーは、いわゆる冗長化で障害対策を行っていますから、全体がダウンするようなことはまずないと思われます。
しかし小規模で運用コストが限られるケースだと、冗長化が行き届いておらず、小さなトラブルでシステムのダウンが余儀なくされます。
交換できる場合はパーツを入れ替え、再起動を行えば再び運用を続けられますが、システムの中心に近い部分の故障だと復旧に時間が掛かりダウンタイムは長くなります。
意外なことに、人的ミスでシステム全体に影響が及ぶケースも存在します。
未知のバグが障害を引き起こしたり、外部から攻撃を受けることでサーバー障害を生じることもあります。
いずれにしても、サーバー障害は損失の発生を免れられませんから、発生させないことを念頭に置きつつ、発生しても速やかに対処できるように備えるのが賢明です。