システムトラブルが起きたら

システムトラブルが起きたらどうする?
システムトラブルが起こってしまったら、まずは何処に何が起きているのか把握するのが先決です。
また速やかな対処が難しい場合は、サーバー管理の担当者に連絡して情報を共有したり、対応の検討を図る必要があります。
当然、顧客に損害が生じる可能性がある時は問題の説明を行い、最優先で解決に取り組むことが不可欠です。
システムトラブルは原因の特定と調査が重要で、サーバーに問題が生じていると厄介です。
その為あらゆる作業を中断してでも、問題の解決に繋がる取り組みに注力することが重要となってきます。
勿論不必要にサーバーを止めたりすると、それはそれで顧客の損害を招きますから、サーバーが止まっていないなら止めるかどうかの見極めも必要です。
システムトラブルに限りませんが、問題を解決するには物事に優先順位をつけて、重要な項目から順に取り組むのが基本となります。
担当者が不在だと対応が遅れますし、窓口や責任の所在が不明だと顧客は不満を覚えてしまいます。
つまり誰が何をするか決めておくことが大事なので、大抵はシステムトラブル時のマニュアルというものが用意されているはずです。
このマニュアルに従うのがシステムトラブル対応の原則ですが、時には想定されていないトラブルが生じることもあります。
問題を矮小化しようとしたり、隠そうとすると余計に問題が大きくなりますから、損失が発生するとしても必要ならサーバーを停止してでも早期復旧を図ることが大切です。
完全な復旧が難しくても、サーバーの再起動で暫定的に機能を取り戻せるのであれば、それも有力な選択肢に加わります。
対応の基本は報連相ですから、これを心掛けた対応が問題解決において重要です。